【お早めに...】2022年 行政書士試験に初学者が独学合格する方法全部教えます《こちらをクリック》

【通信?通学?】行政書士の通信講座はどこがおすすめ?【初学者・独学合格】

ソース画像を表示

 

行政書士試験合格を目指しているあなたに質問です。

 

書店で本を購入して独学で取り組むのと、通信講座を利用するのでは、長期的に見て、どちらの方が人生を豊かにしてくれるでしょうか?

 

答えは、圧倒的に「通信講座」を活用することが良いです。

 

今回はその理由をお伝えしますので、最後までお読み頂くと、合格を勝ち取ることに加えて、あなたの人生のQOLが爆発的に上昇するでしょう。

1.行政書士試験とは?

まず、行政書士試験とはなんでしょうか?

それは文字通りではありますが、

行政書士になるために必要な資格を取得できる試験

ということです。

行政書士とは、

公署に提出する許認可等の申請書類の作成や提出手続の代理、遺言書の権利義務、事実証明及び契約書の作成、行政不服申立て手続の代理等を行う法律の専門職

です。(詳しくは、日本行政書士連合会の公式HPをご参照ください)

☟公式HPはこちらです☟

行政書士とは? | 日本行政書士会連合会 (gyosei.or.jp)

 

そして、行政書士試験は、例年、11月の第2日曜日に開催されます。この試験では、受験資格はありませんので、どなたでも受験して、人生を大きく変える可能性があります。これを読んでいるあなたは、人生を変える “大切な第1歩”を踏み出したといえます。

 

☟初学者必見の試験対策で独学合格を勝ち取る過去問演習の極意はこちら☟

【初学者必見!】86%の行政書士受験生は知らない!受かる過去問の〇〇〇の真相とは【行政書士試験】 – Toaru塾 (toaru1031.com)

 

2.行政試験対策に通信講座を活用すべき理由とは?

ソース画像を表示

 

では、行政書士試験に対して、完全に独学で挑むべきか、あるいは、通信講座を利用すべきかですが、その答えは “後者” です。

通信講座を使う以外の選択肢は、あり得ません。

その理由は、大別して2点あります。

 

①法律学習は範囲が膨大

 

まず、行政書士試験で出題される範囲は膨大です。

たとえば法律科目に絞っても、民法・行政法・憲法・会社法と多岐にわたります。

もし大学生であれば、大学の講義4年間でやっと学べるほどの量があります。

また、あなたが社会人さんであればお仕事がありますし、主婦さんでしたら子育てや家事で忙しいこともあるはずです。

限られた時間の中で、しっかり試験範囲を網羅するためには、プロの指導が欠かせません。その観点で、完全独学ではなく通信講座を活用することが理想的といえます。

 

②間違った方向で学習すると取り返しがつかない

 

もしかしたら、このように考えている方はいませんでしょうか?

 

「 まず独学でやってみて、それで無理だったら、プロの手を借りてみよう! 」

 

こういう受験生は、

間違いなく合格を勝ち取ることが難しくなっていきます。

 

というのも、独学でやってからプロの手を借りる気持ちはわかりますが、独学でやってしまうと変な癖がついてしまいます。

たとえば、野球では、バットの振り方や投球フォームなど、独学で学習すると思わぬ “落とし穴” にハマってしまい、変な癖が付くことがあります。そうすると、いざプロの手を借りようとすると、まず変な癖を修正することから始める必要がありますので、膨大な時間が必要となってしまいます。

そうするくらいなら、思い切って通信講座を活用して、短期間で合格を勝ち取って、実務でガッツリ稼いで、受験費用を回収するのが、長期的に見れば合理的な生き方であるといえます。

 

3.行政書士試験対策は“通学”と“通信”どっちがおすすめ?

ソース画像を表示

 

では、予備校講座は絶対に活用すべきとして、実際に通って講義を受ける“通学”スタイル、あるいは、自宅などで自由に講義を受けられる“通信”スタイル、どちらが良いでしょうか?

 

その答えは、“後者” です。絶対に “通信” スタイルがおすすめです。

 

その理由は大別すると3点あります。

 

①自由にカリキュラムを組める

 

まず、自由にカリキュラムを組めることがあります。

たとえば、通学スタイルだと、実際に日時や場所が指定されますので不自由な講義となってしまう可能性があります。

一方、通信スタイルだと、仕事の予定やプライベートを調整して、自分で自由に講義カリキュラムを設定できます。

とくに色々な働き方がある現代では、この自由さというメリットはかなり大きいと思います。

 

②何回も見直せる

 

次に、何度も見直せることが挙げられます。

通学の場合、その講義は基本的にはその場で1回限りとなってしまうのに対して、通信の場合、分からないところや聞き逃したところがあれば、その場で巻き戻して確認できます。

また、2倍速で講義を受講できることもメリットだと思います。

そうすることで1時間の学習でも、2時間分、学習できるので短期合格を勝ち取りやすくなります。

 

③費用を抑えることが出来る

 

最後に、費用面を抑えることができます。

できればコスパ良く合格したい想いが受験生にはあると思いますが、通信のほうが通学よりは安いです。その点でも、独学合格を目指すには、「通信」がおすすめです。

 

4. 短期合格のためには「Tメソッド」が最強の理由とは?

 

最後に、おすすめの通信講座をお伝えします。

 

それは、「Tメソッド」です。

 

その理由は大量にありますが、主に3点をお伝えします。

 

①合格に必要な範囲しか一切しない

 

まずToaru塾講師の提供する講座は、合格するために必要なところに絞っていますので、そもそも学習量が少ないです。

しかしながら、日々過去問分析を欠かさない僕だからこそ、試験で受かるために必要なところを熟知しています。

その結果、例えばR3行政書士試験では、初学者の方を212点という高得点での合格、リベンジ組の方を190点以上で合格、にお力添えさせて頂きました。

☟インタビュー音声はこちらです☟

行政書士試験「初学者➡212点合格、リベンジ組➡190点合格」に導いた抜群に結果が出る個別指導とは? – Toaru塾 (toaru1031.com)

 

合格に必要な知識を熟知したToaru塾講師の集大成とも呼ぶべき講座が「Tメソッド」です。

実際に使ってみると、その効用に愕然とすること間違いなしでしょう。

 

②初学者にも分かりやすい言葉で説明している

 

次に、Toaru塾講師の講座では、初学者の方にも理解しやすいように噛み砕いて説明しています。

実際に、予備校の講座を使っている方からもお褒めの言葉をいただくこともあります。

大手予備校の講座と比べても、遜色ないクオリティであると自負しています。

 

③圧倒的にコスパ良い

 

最後に、Toaru塾講師の講座で法律を学習すると、圧倒的にコスパが良いです。

初学者の方には、【法律科目のセット(←現在は、特別に「裏技講座(=テクニック集)」もセット販売しています)】がおすすめです。

こちらを使うだけでも、初学者の方が行政書士合格に必要な知識が分かるようになっています。

そして、お値段が、88,000円、です。

☟ご購入はこちらからお願いします☟

「新・Tメソッド」(「2022年 行政書士試験」合格目標) | Tips

☟詳しくはこちらご参照ください☟

【行政書士 2022年版】Tメソッド(目次)【Toaru塾講師】 – Toaru塾 (toaru1031.com)

 

他の予備校の通信講座では、TACでは140,000円前後、アガルートでは150,000円前後、伊藤塾では200,000円と非常に高額となっています。

 

予備校と比べて、圧倒的に安価であることが伝わると思います。

 

そうすると、気になるのは講座のクオリティかと思いますが、そちらは日々Youtube動画をご視聴いただいている方であれば、ご理解いただけると自負しています。

 

圧倒的にコスパの良いTメソッドを活用して、短期合格を勝ち取るお力添えをさせて頂ければ嬉しい限りでございます。

 

初学者が行政書士試験に4カ月で独学合格する方法まとめ【Toaru塾講師直伝!】

 

初学者が行政書士試験に4カ月で独学合格する方法まとめ【Toaru塾講師直伝!】 – Toaru塾 (toaru1031.com)

コメント

タイトルとURLをコピーしました