【お早めに...】2022年 行政書士試験に初学者が独学合格する方法全部教えます《こちらをクリック》

【行政書士試験記述式対策の極意】独学合格を勝ち取る秘訣を現役行政書士試験講師が全て教えます!

行政書士試験の記述式対策って悩みますよね(-_-;)

そんな方もご安心ください♬

わずか数分で読める

この記事を最後まで見るとその不安は驚くほどに解消します!

実際に、行政書士試験に独学一発合格し、教え子も200点以上取って合格に導いた実績のある私が【記述式対策】の極意をお伝えします。

①「行政書士試験 記述式の配点」とは?

記述式は民法が2問、行政法が1問、合計60点出題されます。合計300点満点の行政書士試験では、5分の1の配点を占める非常に重要な分野です。合格水準は30点前後ですが、しっかり対策することが求められます。

②「独学合格する行政書士試験対策」の極意

では、実際に合格するために必要な考え方や知識がどのようになるのでしょうか。

本来であれば30万円ほど価値のある情報だと自負していますが、今回は特別に0円で、どこにもない情報をお伝えします。(すぐこの記事を消してしまう可能性もありますのでこの機会に読破ください)

・行政法対策

まず行政法は毎年1問出題されますが、その多くは、行政事件訴訟法から出題されます。もっとも、令和3年度が行政手続法から出題されるなど、幅広い基本事項が問われます。

さて、もし独学で対策すると、その膨大な範囲に面食らってしまいます。

しかし、私のノウハウでは、そんなことは一切させません。

少数精鋭の密度の濃いノウハウをお伝えしますので、超効率良く対策していきましょう。

例えば、このYoutube動画をご視聴ください(無料)

 

☟こちらから見れます(無料)☟

※たった8分で記述式20点満点取れる魔法を掛けます。小手先の裏技テク満載♫○○が行政法記述式ガチ本命!【行政書士試験対策】
※すぐ消すかも…見るだけで誰でも20点得点が上がってしまう魔法をかけます!行政不服審査法 記述式対策は○○○○○でキマリ【行政書士試験】

ガチでドンピシャで当てに行きます。ぜひチャンネル登録して試験ノウハウを受け取って、最速で試験に受かっていただき、一緒に行政書士としてお仕事しましょう(^^♪

・民法対策

次に、民法ですが、ここは2問(40点)出題されます。しかも民法は、条文数も1000条を超えていて、範囲は膨大です。しかし、ご安心ください(^^♪

私は行政書士試験対策のプロです。的確に記述式予想し、合格にお力添えさせていただきます。

 

☟試しにこちらの動画を見てください(無料)☟

※99%の行政書士受験生が躓く○○○のポイント マジで分かりやすく解説

③超オトクなお知らせ【期間限定】

なんと、いまこの記事をご視聴頂いている方に朗報です。

普段、10万円ほどする内容が、現在、超オトクな価格帯でセールしています。

こちらを使うだけで記述式で満点(60点)取れる可能性もある講座です。

一度、無料部分をご覧いただき、気に入っていただけたらぜひこの機会にご活用ください。

 

正直、、、分かりやす過ぎて、すいません(*^-^*)笑

 

☟数分単位でめっちゃ売れてます・・・・感謝です(´;ω;`)ウッ…☟

 

令和4年度 行政書士試験

記述式 ガチ出題予想

 

🔹行政法

▶▶︎ https://note.com/toaru0jukukoshi/n/n0263afb39eb6

🔸民法総則~担保物権

▶▶︎ https://note.com/toaru0jukukoshi/n/n44c30493c8b6

🔸債権総論~家族法・相続法

▶▶︎ https://note.com/toaru0jukukoshi/n/n0ba09569eed5

コメント

タイトルとURLをコピーしました