【お早めに...】2022年 行政書士試験に初学者が独学合格する方法全部教えます《こちらをクリック》

行政書士試験㊙直前対策 合格を勝ち取る3つの流儀【Toaru塾公式】

*この記事では直前期を最も効率良く過ごすための3つのコツをお伝えします。行政書士試験に絶対に合格したい方はぜひ最後までお読みください。

 

1.一般知識対策

まず、一般知識対策です。

一般知識では6問以上得点しないとその時点で採点がされなくなりますので受験生からすると非常に怖い存在です。

しかし、その対策方法は単純明快!

一言で言いますと、

「文章理解と情報分野のみ対策する」

ことです。それに尽きます(^^♪

一般知識は、

①政治経済社会

②情報分野

③文章理解

の3分野に分かれます。そのうち、①政治経済社会の対策は試験範囲が膨大であるので、ほぼ不可能です。一方、②情報分野、③文章理解対策、はやるべき内容が限られています。

費用対効果の観点からも、②③の対策に時間をフルベットしまして、①が適当にマークして1問2問当たればラッキーというのが最適解となります。

☟情報分野&文章理解対策はこちら!最速でクリアできます☟

 

期間限定🌸豪華セット(文章理解・個人情報保護法・出題予想)|Toaru塾講師|note

 

 

2.法律基礎力確認

 

次に、法律基礎力の確認をします。

目安はメイン科目である民法と行政法について

 

●民法  ➡ 6~7問正解(9問中)

●行政法 ➡ 16~17問(19問中)

 

正解できることです。このレベルにあることが合格最低ラインとなります。

 

もっとも、現時点でこのラインに届いていなくてもご安心ください。最速で基礎確認ができますので、詳しくはこちらの記事もお読みください。

 

一発逆転!

残り60日で逆転合格を成し遂げる魔法【2022年行政書士試験】

 

https://toaru1031.com/archives/393

 

 

3.記述式で大逆転

 

最後に、大逆転を目指す最適解は「記述式」を当てに行くことです。

記述式は3問出題され、60点あります。

 

もしこの60点を得点することが出来れば、かなり合格に近付くと思いませんか?

 

そして、記述式で出題される問題は過去のデータを踏まえると、ある程度は、予測することができます。

その予測の集大成が「こちら」にありますのでチェックしてください。

 

☟記述式で60点取りたい受験生向け☟

https://tips.jp/s/Fl7ArT

 

 

4.さいごに

 

いかがでしょうか?

行政書士試験は直前期が最も得点UPが期待できます。

 

例えばこちらの図をご存じでしょうか?

 

 

ソース画像を表示

 

詳しい説明はYoutubeでします(^^♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました