行政書士に独学合格したい人は“これ”ぽちっと♪

初学者が「行政法」基礎合格力を3時間46分15秒で学習する独学勉強方法とは?【令和5年 行政書士試験】

*この記事を読むと初学者が「行政法」基礎合格力を《3時間46分15秒》で学習する独学勉強方法が分かります。

 

 

まずこちらの動画(無料)をご視聴ください(^^♪

 

 

令和5年度 行政書士試験に最速合格する「行政法戦略」とは?(全部で第16章まであります)
⚠️訂正箇所は概要欄にあります⚠️行政法総論の基本事項 行政行為の分類(許可・特許・認可など) 記述式でも出る可能性があるところ・・・
合否分ける行政手続法講義 申請に対する処分 重要ポイントまとめました【令和5年 行政書士試験】

 

いかがでしょうか?

 

こんな感じで、《3時間46分15秒》で、初学者が行政法の基本事項を最速で習得することを目指す特別な講座です。

 

☟【令和4年 合格発表まで「早期割引」を実施しています♪】

ご購入はこちらからお願いします☟

 

初学者が「行政法」基礎合格力を3時間46分15秒で学習する独学勉強方法とは?【令和5年 行政書士試験】 – Toaru塾 (toaru1031.com)

 

「行政法基礎講座(2023年版)」を使うと、行政書士試験に合格するために必要な基本事項を短期間で習得することが可能となるはずです。安心してご活用ください。

✓「行政法基礎講座(2023年版)」の特徴

  • 他にはない「コンパクトさ」

第1に、端的に言って、非常にコンパクトです。試験合格に必要な部分しか掲載していないので、受験生は安心してご利用頂けます。仮に過去問演習で「分からない問題」があっても、「行政法基礎講座(2023年版)」に書いてあるかどうかで必要かどうか判断できます。

  • 読むだけで自然と覚えちゃう

第2に、読むだけで自然と頭に入ってきます。市販テキストは読むだけでも体力を使います。その点、「行政法基礎講座(2023年版)」では、今までの講師歴を存分に活かして、細部まで、「伝わりやすい表現」に拘りました。行政書士試験合格に必須のバイブルとなるはずです。

  • 無駄な部分が全くない

第3に、無駄な部分が一切ない一方、書くべきところはしっかり書いています。ここまで「合格に必要な知識」に全力で拘りぬいたテキストは他にはないと自信をもってお伝えさせて頂きます。

✓「行政法基礎講座(2023年版)」のデメリット

  • 分かりやす過ぎる

「行政法基礎講座(2023年版)」には、デメリットもあります。まず第1に、分かりやす過ぎることです。できるだけ分かりやすい表現で作成することに拘りぬいたので、読む分には分かりやすいです。ただ、実際に「分かること」と「出来ること」は別物です。「分かった気持ち」にさせてしまう可能性があるので、そうならないようにも、しっかり過去問演習をするようにしてください。

  • 無駄な勉強ができない

第2に、無駄な勉強ができません。例えば、細かい学説だったり、細かい理論部分など、学習する分には面白いのですが、試験で点数を取る上で必要ない無駄な部分は一切書いていません。そのため、色々と深く勉強したい人にとっては、試験合格に必要な部分しか書いていないテキストは物足りなく感じる可能性があります。

✓「行政法基礎講座(2023年版)」をオススメするひと

  • 人生を変えたいひと
  • 短期で受かりたいひと
  • 早く結果を出したひと
  • 法的思考力を養いたいひと
  • 無駄な勉強をしたくないひと
  • 行政書士試験に合格したいひと
  • 法律科目の点数を上げたいひと
  • 試験で出るところだけ学びたいひと

 

 

ぜひ行政書士試験に合格したい受験生は

一緒に頑張っていきましょう(^^♪

 

☟【令和4年 合格発表まで「早期割引」を実施しています♪】

ご購入はこちらからお願いします☟

 

初学者が「行政法」基礎合格力を3時間46分15秒で学習する独学勉強方法とは?【令和5年 行政書士試験】 – Toaru塾 (toaru1031.com)

 

初学者が「民法」基礎合格力を

4時間48分03秒で学習する

独学勉強方法とは?【令和5年 行政書士試験】

 

https://toaru1031.com/archives/487

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました